.luaファイルをexeにする

srlua (Lua5.0~Lua5.3用。バージョン依存性があまりありません。)

  • Lua言語の使用目的という意味では、exe化することはluaの想定用途から逸脱していると思われますが、、 とはいっても、状況によっては luaを .exeとして配布したい、ということもあるかもしれません。
    そのような時、srluaが活躍します。

  • srluaとglue

    srlua.exe自分自身(srlua.exe)の最後に(一種リソース的に)くっついているテキストデータをluaファイルとみなして実行する特殊なluaインタプリタ。
    glue.exesrlua.exe と 1つのluaファイル(もしくは.outなどの1つのlua中間コードファイル)をsrlua.exeの最後にくっつける。


  • srlua.exe
    srluaは、ソースで提供されています。
    ただし、「lua.c」に替わる「srlua.c」だけが提供されていますので、残りはご自身で利用しているluaインタプリタのソースからコンパイルする必要があります。

    ちょうど、lua.exe を作成するのと同じ要領で、lua.c ではなく、srlua.c を main関数部として コンパイルすることとなります。

  • glue.exe もうひとつは「glue.exe」というコマンドを作成するためのものです。
    これは、srlua.exe と 1つの.luaファイルを連結して、1つのexeファイルにするためのコマンドです。

ulua Lua 5.3系

Luaをexe化するsrluaの機能を、luaインタプリタと合体させたものです。
exeファイル1つで、いろいろ出来るので、携帯性や可搬性に優れていると言えます。

詳細は、天翔記.jp→uLua へ。

jlua Lua 5.1系

Luaをexe化するsrluaの機能を、luaインタプリタと合体させたものです。
exeファイル1つで、いろいろ出来るので、携帯性や可搬性に優れていると言えます。
uLuaよりもLuaのバージョンとしては古くなりますが、
cp932に対応したものですので、コンソールコマンドのexe化という意味では高い利便性があります。
詳細は、天翔記.jp→jLua へ。


トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2016-01-28 (木) 01:38:17 (847d)