Luajit cp932 リファレンス

jit

  • 以下のソースを普通のLuaLuajitで比較実行してみて下さい。
    驚異的なほどの時間差があります。
    function fib(n)
        if n < 2 then return n end
        return fib(n - 2) + fib(n - 1)
    end
    
    print(fib(38))
    

cp932

  • 特徴
    • 文字列やコメントに日本語(cp932)が使えます。
    • 非常に限定的な修正のため、Luaの移植性に影響を与えません。
    • 2バイト文字の判定方法はcp932
  • 注意点
    • 関数や変数の名前には日本語(SJIS)が使えません。
    • エラーメッセージなどは日本語化していません。
    • EUC,UTF-8の場合、オリジナルのLuajitと同じ動作となります。
    print("表")
    print("アイウ")
    
    (※cp932系の変更は「はむ!」氏のものをベースとしています。)

extension

  • 本体に組み入れたライブラリ
    • lfs(LuaFileSystem)ライブラリ
      ディレクトリやファイルの様々な情報を扱うためのライブラリ。Luaでは標準に近い立ち位置。
      print(lfs.currentdir())
      

compatible

  • 本来、Lua 5.1.4では、goto文がありませんが、LUAJIT_ENABLE_LUA52COMPAT でコンパイルされていますので、
    Luajit 2.0.3ではgoto文が利用可能、等
  • Extensions from Lua5.2

トップ   差分 バックアップ リロード   一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-08-19 (火) 22:57:19 (1373d)